SWEETS NOVEL

二次創作(小説)するタイプのオタクがあれこれ書くブログ。

埼玉むーみん旅行レポ(※ネタバレ注意)

ムーミンバレーパーク行ってきたぞ~!
やったーーー!!年パス!!出してくれるかな~!!?

 

あとオフィシャルホテルに泊まってきました!
ムーミンのアメニティとかグッズがもらえるやつ。

 

いろいろ満喫しよう!てことで、
1日目 トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園
2日目 ムーミンバレーパーク

という日程でした。


一緒に楽しんでくれたのはとろみ氏です。ありがとー!!

 

ちょっと落ち着いてまじめにレポしたいところなんですが、
まだ冷静になれない…もう少し気持ちを整理する時間が欲しい…。
というわけでこれはあまのの心の整理の一環です。

あと、

 

・いろんなネタバレあり
・普段女性向け同人誌も作るオタクが書いてる

 

です。ご注意ください。

 

★1日目
あけぼの子どもの森公園とオフィシャルホテル~

 

*待ち合わせ
あまの遅刻!!すまぬ…すまぬ…。
なんか忘れ物をして戻ったんだけどべつに忘れてなかったし、
よく考えてみたら何を忘れたかよくわからなかった。
あまのはこんらんしている。
なぜかUターンしてきた私に、飼い猫困惑の表情。

 

*電車に乗る
とろみ氏と私、電車に乗れてえらい!
前日にコウペンちゃん原画展行ってきた余波でコウペンちゃんノリになる。

 

元加治駅
元加治駅に着いてすごい!

 

*あけぼの公園着
踏切越えて道なりにまっすぐ、右曲がったらあともずっと直進。
のんびり+シャカシャカ歩きで、15分かからないで着いたと思う。
15分もかからないで着いて、すごい!

 

子どもの森、と銘打ってるだけあって家族連れ多めでした~!
女児と男児がきゃっきゃ遊んでて癒やされた。
よその家の子どもと大人の会話、聞いてるだけで面白い。
あと、となりの球場で学生がやきうしてた。

 

*ごはん
おなか減って暴れそうだったので(私が)、ごはんたびる。
二人でお弁当持参したよ~とてもよい天気でした。
とろみ氏と会う時だいたい晴れる~たまには雨降ってもいいのよ。

 

*散策

f:id:amanoanko:20190412202459j:plain

トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園

のどか~。

 

「この乾いた感じ北欧っぽい」
「北欧そういうとこある」

 

みたいなことを言いながらあたりをのぼり↑くだり↓
ここらへんであまのの眠気がピーク。

 

資料館ぽいとこの図書館で図鑑を見る。
あまの図鑑と同一化しそうなくらい眠い。

 

建物の中に入って探検。
タイトな穴に体をねじ込んだりねじ込まなかったりする(なんたって子ども設計)。
オーンちっちゃくなりたい…。
どうして俺たちは大人になっちまったんだ…。

木の看板みたいなのにムーミンとかいえおいえお印刷されてるんですが、
ミムラ夫人とヨクサルのやつだけ木の変色が進んでてよく見えなかった…。
スナフキンの)親の顔が見たい…。
どうして俺たちはマサイ族じゃないんだ…。

 

併設カフェがあったので入ってひと休み。
ここらへんでとろみ氏の眠気がピーク。

珈琲と同一化しそうなくらい眠そうだった。

 

ライトアップまで待つー?と思ったけど、
日没まで時間あったし、明日に備えてあとにしました。
ありがとうあけぼの子どもの森公園…。

大人にもやさしくしてくれたよ…。

 

ここしばらくの間21時まで開園してるらしいですよ!すごーい!
チームラボみを感じる、丸いやつがたくさん土に植わってました。
たぶんあれが\ピッカー/て発光するんだと思う。

 

*ホテル着
ホテルに着いてえらい!
フロントマンさんめちゃ感じ良くて丁寧でした。
胸元にムーミンバレーパーク限定のバッチつけてたー!

f:id:amanoanko:20190412203009j:plain

リトルミイ部屋

オシャレとキュートが助走つけて殴りかかってきたぞ!!!


かわいい…。かわいい~…。


ほかにもランプがニョロニョロだったり、
鏡にステッカーが貼ってあったり凝ってました。
しばらくはしゃいだ。

f:id:amanoanko:20190412203111j:plain

ベッドに御座すリトルじゃないミイ(でかい)、遠くを見つめるムーミン(虚無)、コウペンちゃんごっこしてる邪エナガさん(ちっちゃい)

ムーミン部屋だとムーミンのぬいぐるみのがでっかいのかな?
※邪エナガさんはあまのの私物です。

 

しばらくはしゃいだあと近くのスーパーで食料飲み物調達~。
二人とも食細いのでがっつり夕飯は食べず。
多すぎたんだ…(お弁当が)。

 

コウペンちゃんがPVなんだよーって、
打首獄門同好会「布団の中から出たくない」をとろみ氏に見せる。

www.youtube.com

部屋のお布団、あったかかったです。
獄温~GOKUNUKU~。お布団、すごい!

 

★2日目
ムーミンバレーパーク~

 

*起床
起きただけで満点!

 

*ごはん
バイキングで朝食たびる。
おかゆ超おいしかったです。

 

*バスに乗る
開園は10時だけど大事をとって9時の始発バスに~。
東飯能から乗ったんですが、結構空いてました。始発バスに乗れてえらい!

 

*メッツァ着
9時ちょい着。すぐ着いた!道路状況えらい!


この時点で既に列形成はじまってました。
私たちの前に並んでたの50人くらい…?

 

9時半の時点で列のままメッツァ園内に入場開始。
ほぼ情報なしで来たので、
とりあえずもらった地図を頭に叩き込む。
どこに何があるか、わかったよー!(わかってない)

 

ムーミンバレーパーク開園
開いたー!すごーい!!
前方にコミケダッシュのごとく走っている方々がいらっしゃった。
走るとあぶないから気をつけて…!


もう一度もらった地図を頭に叩き込む。
どこに何があるか、わかったよー!(わかってない)

 

*チケット買う
アトラクションチケットが園内別売りなので、
入り口近くのロッカーに預けてから券売機に向かう。

 

ムーミンハウスツアーめっちゃ並んでるー/

 

わりとすぐ行ったのに18時の回しか空いてなかった…。
代表者が複数枚買えるとのことだったので分担しました。
チケット買えてえらい!

 

「海オケを摂取したテンションでこれからを過ごすか否か」
とそわそわ相談する。
最初に推しを摂取しに行きました!!!

 

*海のオーケストラ号

15分でわかる忙しい人向け海オケ!!!すごーい!!
ものすごく綺麗にまとめてくださっていました…!!
小説『ムーミンパパの思い出』読んでから行くと絶対楽しいぞ。

www.amazon.co.jp
今、日本語訳の改訂版が月1くらいのペースで出てて(まだ今『ムーミン谷の彗星』)、
今年の6月には海オケメンバーが大活躍する『ムーミンパパの思い出』が出るんですってよ奥さん。

これはアテンドのおねえさんがフレドリクソンの助手という設定でした。
なんといううらやまポジション…。


このアトラクション、水しぶきが飛んできたり風がふいたりしたんですが、
視覚以外の感覚があるとこんなに臨場感増すのか~!?て感動した。

 

※この先ヨクサルスナフキンかわいい大好き褒め太郎テンションです

 

MVP(Moomin Valley Park)スナフキン平成アニメ感ある!!
わ~パイプもぐもぐくわえてた~もっと口唇欲求爆発させてもいいのよ…。


X染色体×2の端くれとしてひとつ言わせていただくと、
帽子がずれてきて「おっと」みたいに直すところ、
全宇宙に点在する女子らの母性が大演舞するやつだから。
ママー!あの子の帽子にゴムひもつけてあげて!!

 

MVPヨクサル、声はスナフキンと同じ櫻井さんでした~。
声、何もかもを捨て無関心を纏う厭世観に溢れたCV櫻井だった。


自由気ままというかどっちかって言うと、
「めんどくさい」「だるい」「どうでもいい」感がすごーい!えらーい!!
はー。
ふざけないで……めちゃ解釈合致です…ありがとう…。

 

あと衣装!衣装…あの…表紙のやつベースにしてるね!?
目が金でステッキもってるんるんしてるやつだよ!
いやー衣装!衣装かわいいな~!すごーい!!
オシャレとキュートが助走以下略!!
あ~この衣装HONTO=SUKIなんですよね…。
ありがとう世界…。この世界は美しい…。

あと特徴としては、

 

・ぼうし青い
・服が青い
・目が青い
・ほっぺが薄いコーラルピンク

 

獄可愛~GOKUKAWA~
お前が埼玉のMVP(Most Valuable Player)になるんだよ!!!

MVPヨクサル何歳になっても絶対属性ショタ…。
ヨクサルおじさん(ショタ)ヨクサル30代(ショタ)みたいな…。

 

あっパイプ吸ってるシーンはなしだった…。
(正直ぬるぬる発言期待してた)

 

基本テンション低めのヨクサルでした。
海にさらわれそうなおばさんに右手伸ばしてたけど、
あの助ける気マジ0%な感じな…。
一応…右手…伸ばしてだけど…。右手は添えるだけ…。

 

あとムーミンパパとヨクサルがぎゅーって抱き合ってたんですが、
はちゃのめちゃにとても可愛かったです。
なんだあのかわいくてかわいい二つの生きものは~。
飼いたいよー!飼ってもいい!?ちゃんとお世話するから!!!

 

大事なことなので二回言うんですが、

基本テンション低めのヨクサルでした。

飛行したときのあの、

「飛んでる↓飛んでるぞ↓」とか、
そのテンション~!!鉄の塊飛んでんねんで!!
何もかもを捨て無関心を纏った厭世観に溢れるCV櫻井…。

 

そんなこんなでMVPスナフキンとMVPヨクサル、無事埼玉で再会しました。
おめでとうありがとう。
身長差~親子感!!あっもしかして親子でしたか!?失礼いたしました。
ハグはなし~(期待してた)でもスナフキンヨクサルと両手で握手してた…。
ありがとう…世界は美しい…。

からの、今から冒険行こうぜ!!エンドでした。

 

後で、
スナフキンあの時点ではヨクサルがパパだってわかってなかったら面白いねー」
て話を二人でしました。


スナフキンはヨクサルのこと「なんかグイグイ来るおじさん」と認識して他人のつもりで接してる。
でもヨクサルはもちろん「息子」と認識してるから、パパのつもりで接してる。

みたいな、
言葉足りなさすぎてえんえんすれ違う天然二人の話、正直100億回読みたいよな~。

 

…そんな感じで推し×2のインパクトがっょすぎて
ほかのとこにまっっったく集中できなかった…。
フレドリクソンがとにかく全北欧が認めた選ばれしイケメンだったのと、
ロッドユールの動きが松野トド松も裸足で逃げ出すほどべらぼうにかわいかったことは覚えてるんだよな…。

 

リトルミイのプレイスポット
海オケを浴びたテンションでリトルミイのプレイスポットへ。
入り口前の洗濯物がリトルサイズでたまらんでした。
超かわいい元気いっぱいのプロっぽいおねえさんがアテンドしてくれたよ!!

 

「ミイはなぜムーミンの家にやってきたのでしょう?」
みたいなことを質問してきたときに、
「えっ小説?コミックス?絵本?昭和アニメ?平成アニメ?」
と慌てるめんどくさいタイプのオタク×2。

 

ああ~この話コミックスのやつだわ!!

恋するムーミン (ムーミン・コミックス) トーベ ヤンソン https://www.amazon.co.jp/dp/4480770445/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_k.hSCbQ41TNZJ 

これの「家をたてよう」かな?
ところで2019アニメもこの設定っぽい…?

 

おねえさんが最初にお客さんを何人か撮影して、
選ばれしミムラをシアターに登場させるというアトラクションでした。
プレイスポットってどういうことだろう…?
て思ってたんですけど、なるほどね!
お前がミムラになるんだよ!てことね!

 

面白かった…尻尾に機嫌が現れるムーミン最高かよ~!てなりました。
コミックスのムーミンは本当に動物感ある…。

わかる…わかるぞ……かわいい…。
これには親友のスナフキンさんもニッコリですわ…。
うちの猫も不機嫌の時めっちゃ床にビタンビタンするよ…。

 

あっまってそういえばミムラ夫人の声って誰でした!?

 

*散策とごはん
海オケを摂取したテンションで散策。
途中、野生のムーミンママとムーミンパパとお嬢さんに会う。
野生のスナフキンは見つからず。

 

んでショップを見たり、
野生のスナフキンを探しにテントに行ったり、
ヘムレンさんの遊園地に行ったり、
またショップを見たり。
あとおさびし山のハンバーグ食べました!

ごはん、おいしい!!すごい!!

 

*エンマの劇場
これはアトラクションチケット不要のやつ~。
で、いやもう来たらこれみんな絶対観て…てやつです。
雨天の場合は中止するみたいです。

 

30分前くらいに列形成開始してたのかな?
後ろは立ち見、前の方は地べたに座って観る感じでした。
石のベンチもいくつかあったけど数は少なかった。
こんなこともあろうかとレジャーシート持ってきたぞ!!

 

時間はなんと30分。
すごーい!ながーい!!うれしーい!!
飛行おにの帽子の話でした。

 

新装版 たのしいムーミン一家 (講談社文庫) トーベ・ヤンソン https://www.amazon.co.jp/dp/4062769336/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_KbiSCbJBCBMB0 


最後うるってきた…。観て…。

 

耳をすませてヨクサルの声とスナフキンの声を比べました。
スナフキンは…世界を手にした神視点のCV櫻井…かな…。
「はっはっは」て完璧に世界を俯瞰してるような笑い方だった…。

 

ミイとスナフキン姉と弟感あったよ~かわいいぞ!
あとスノークのお嬢さんの兄がいる…だと…?平成アニメ設定?

 

いろいろあったけど、まあ、スナフキンさんに全部持っていかれる。

 

引率のお兄さんのようにみんなを導くスナフキンさん。
客間のソファに座って煙草を吸い出すスナフキンさん。
皆が踊ってるときにフツーに座りだすスナフキンさん。
ムーミンに合わせて最初はがんばるけど、
結局協調性が最後まで保てないスナフキンさん。
セグウェイだって乗りこなスナフキンさん。
時だって止めるスナフキンさん。

 

時だって止めるスナフキンさん(二回目)。


スナフキンはDIO様だったのかとおののく我々…。
ザ・ワールドだって容易に使いこなすスナフキンさん…。
もしくはほむほむですかね…。

 

*散策2とお茶
ムーミン屋敷ツアーまで散策。
ショップ見たり、常設展と企画展見たり、ショップ見たり。

 

…いや、とにかくショップが超あるんですよ。
ショップじっくり見てるだけで半日終わる。


あとねーMVP限定のスナフキンマグネットがどこに行ってもなくてですね…!!
でも!エンマ劇場近くのショップにありました。ラス2だった~。
とろみ氏と捕獲。

f:id:amanoanko:20190412211448j:plain

ハウス型キャニスター缶にMVPマグネットを貼り付ける図

常設展と企画展もめちゃ気合い入ってた…。
絵本の世界とかゴリゴリに具現化してたし…。

 

あとムーミン谷のジオラマすごかった。すごかった!!!
何あれどういうこと!?こんなの初めて!!!こんなの知らない!!!

f:id:amanoanko:20190412211728j:plain

ムーミン谷のジオラマ

これストーリー仕立てのジオラマなんですよ!!
小説メイン(だと思われる)に、
絵本とコミックスのストーリーも散りばめられているという…。
で、何分かごとにライトと音の演出がある!!すごーい!!

f:id:amanoanko:20190412211836j:plain

ムーミン谷のジオラマ(彗星が落ちるシーン)

このジオラマなかなかうまく写真撮れなかったなー。
あっあとヨクサルさんが一匹いたんですが、ちょうどこっちにケツ向けててですね…。
あれを綺麗に撮るにはレンズがバズーカ砲みたいなカメラが必要…。

 

そのあとお茶しました。
トゥーティッキさんのケーキ甘酸っぱくておいしかったよ~。

 

野生のスナフキンさんは相変わらず見つからず。

 

ムーミン屋敷ツアー
わーいわーいようやく!!
て屋敷の前できゃっきゃしながらガイドさんの説明を受けてるときでした。
うしろに、

 

>>野生のスナフキンがあらわれた<<


\キャー!スナフキンさん看板割ってー!!!/

いやびっっっくりしたなこのタイミング。
遠巻きに女子たちがおそるおそるついてってる様子にフフッてなりました。


ちょうど夕暮れだったので、カンテラをお持ちでいらっしゃいましたスナフキンさん。
もう超エモい…エモーショナルが止まらねえよ…。


で、野生のスナフキンさん、立ち止まってムーミン屋敷を見上げてたんですが、

あーーーそのムーミンと彼の家族たちとで団らんしていることを思わせる窓から漏れる暖色を外から眺め胸中に微妙な寂寞を覚えながらも安堵し穏やかな表情をする俺たちのスナフキンさんまじでめっちゃすごくとてもSO

Seyana............Sorena...............

www.youtube.com

f:id:amanoanko:20190412212351j:plain

ムーミン屋敷(黄昏)

前向いてガイドさんの説明を聞こうとしても、
後ろにいるであろう野生のスナフキンのことで頭がいっぱいになって大変だった。
もー!!責任とってこれからも健やかに生きてください!!

 

二つのチームに別れてツアー開始…の前に、
ガイドのおねえさん(属性:かわいい)が、
「おまじないをかけます!」とにっこり。私らどっきり。
「ポンピンパンペポリンシャンニョロリンコ(CV子安)…?」
とそわそわ。違いました!!

 

私たちは地下一階から三階に行くコースでした~。
家具とかすっっごい凝ってて感動…小ネタもちょこちょこあった。
ムーミンの部屋にあのスナフキン推しの竜いたよ!!

 

結構さくさく進みました~。
あと属性かわいいのおねえさんがいっぱい楽しいお話をしてくれたので、
そっちに集中してしまって写真撮れず。
次こそは…と言いいつつ、また、
景色<<越えられぬムーミン谷<<おねえさんの話になると思うんだよな。

 

ムーミン屋敷から出たらお外は真っ暗でした。
あっ夜の灯台灯台感あったよ!!すごーい!!

f:id:amanoanko:20190412212552j:plain

灯台(夜)

そして席が残ってたので当然のように、シメの海オケシャブをキメる。
二回目も推し×2に目を奪われて以下略…推しには弱かったよ…。

 

自分の写真を撮らないタイプのオタクなので、写真スタジオには行かず~。
あと飛行おに(宮沢湖をロープで滑空するマジヤバアトラクション)は、
(((こわい)))って二人で震えてたら早々に売り切れてしまったのでした。
次は行く…行く…行く…?

 

ああーあっという間だった…。結局開園から閉園までいました!!
楽しかったーとろみ氏たくさんありがとう。

 

まさかあの宮沢湖が…。
作っていただいてありがとうございます…お疲れ様でした。また行きたいぞ。

 

そんな感じで、おしまい!