SWEETS NOVEL

二次創作(小説)するタイプのオタクがあれこれつぶやくブログ。

最近読んだ漫画メモ

GW長かった~ですね。

みんなたちはどんなふうに過ごしたんでしょうか。

私はこれが最後の10連休!て気持ちで満喫しました。
んでも緊張の糸が切れたみたいに一気に体調崩したー。えーん。
みんなたち常に私を緊張させといてください…。

 

よし。

今回は最近消化した積ん読のなかで、
特に言いたいこと(感想)がある4作品のことをここにメモします。
私の主観で一言紹介と、あと印象に残ってる台詞を切り抜いとこ。
※台詞は主人公の台詞とは限りません。

 

ちなみにあまの家はだいたい某K君に本を借りることが多いです。
借りた本結局9割買ってるな…。

「やー俺これ好きなんだよな!!(もう持ってきてる)」

て、いつもにこにこして持ってくるよ。そんなK君の話はまた今度!

(本人の許可がとれたら)

 

 

アマゾンの商品をきれいに貼り付ける方法がやっとわかったぞ!!

これで見やすいかな…?

 

ロッキンユー!!! 1 (ジャンプコミックス)

ロッキンユー!!! 1 (ジャンプコミックス)

 

『ロッキンユー!!!』石川香織 1~3巻
何かを好きになる才能がある男子高校生が、
音楽の才能がある男子高校生に出会って音楽にズブる話。

 

「こんな世界があるなんて知らなかったんだ なんていうかそう 善良さが才能に敗北する世界ってのが」
「おれのがんばったはがんばったじゃないんだよ 知ってる じゃあどうする?」

 

これねー!2巻、桜井青さんが帯の紹介文書いてたんですよ!!
うわ~~密室ギャ(密室ノイローゼに傾倒しているバンギャの略)のみんなたち~~~~!!!


桜井青さんとは
cali≠gariのギターボーカル(ほかLAB. THE BASEMENT)
・オカマ
・ゲイ
・すごい
・「アタシはオカマでゲイなだけよ。変態じゃない。こいつら(他のメンバー)の方がよっぽど変態よ(静かな憤り)」


私は約15年前カリガリの第2実験室と、

ムックの痛絶を狂ったように聴いていました!!

 

あと1巻ではwowakaさんが帯文を書いてたよ。
私はwowakaさんの曲が、ずっと大好きです。

 

ちなみにこれ、大人が読むのはめちゃくちゃ恥ずかしいと思うんだよな。
初めて西尾維新作品に触れたときみたいな、あのむずがゆさを感じました。

 

がんばって言葉にするならそう、
「マジでやることはかっこ悪いよ」
ていう斜に構えたナルシズムと、
「いやマジでやることはマジでかっこいいんだよ」
ていう一周回ったナルシズムのぶつかり合い…みたいな…。


あっ言葉にできた!?言葉にできてえらい!

 

だからこういうのは、誘発されたむずかゆいところを、読むことによって自分で掻ける快感があるんだよね!!

 

音楽をやる側の人はもちろん、音楽を聴く側の人もわくわくできる物語です。
えっこれ次巻で終わりなの!?やだーーー!!!

 

鬼滅の刃 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
 

鬼滅の刃吾峠呼世晴 1~15巻
愛する妹のために超がんばるお兄ちゃんの話。

 

ごめんこれ周りで話題に出過ぎて、
逆に最後まで読んでなかったやつ…やっと読んだー!

 

出てくる人たちみんなみんな我が強くて、
空気を読まない(読めないじゃなくて、読まない)でガンガン会話を進めていく感じ、
あんまり見ない気がしたので新鮮!好きだなー。

 

「みんなを殺…したのは多分そいつだ」
私この三点リーダの『間』好きなんですけど同士います!?

「身内が殺されたのを認めたくない」
「でも認めざるをえない」
「でもこの妹だけは生きてると信じたい」
て迷いがここにには凝縮されてると思う。すごいぞ。

 

後の\パァン/判断が遅い!@うろこ である。

アニメでもこの間ちゃんと表現されてて感動しました~。

アニメ、梶浦由記の気配がする!

 

しかし私はどう考えても鬼サイドの人間で、

そっちに感情移入してしまうので、
炭治郎を見てるのが厳しい。怖い。つらい。好きです。


私は鬼サイドの心なんだけど、
それでもがんばって鬼殺隊サイドの心になろうとしているタイプなんですけど、
えっでも、もしかして、この世界は鬼殺隊サイドの(心を持つ)人間の方が多いんですか…?
だとしたらこの世界の未来は明るいな。すばらしいことだ。

「家族」の魅せ方がすごい物語。

 

地獄楽 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

地獄楽 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

 『地獄楽』賀来ゆうじ 1~5巻
愛妻家な抜け忍の話。

 

いやごめんこれ話もいいんだけど、
とにかく出てくるキャラがいちいち好きなんだ。わかるかな…?

 

私の推しくノ一の杠(ゆずりは)ちゃんはまあとにかく美しいですね。
杠ちゃんが紙面に現れると、
うわっ…も~~~キュートでセクシーで最高かよ!!
性根よし体よし顔がよし!!
はい今回もねとねとエッチでした一等賞!!
て男子中学生のような心境になってしまうんだ。わかるよな…?

 

作中で杠推し(同担承認です!)のあるキャラが、

「自分に嘘をつき続けた僕には 他人にしか嘘をつかない彼女の姿が…
自由で眩しくて 胸が詰まるほど羨ましいんだ」

て言うんですが、sorena...wakaru...杠推しの鑑だよあんた…。

 

エロありグロありBLありGLあり中二設定ありで、
色んな層の心をひっつかんでいくんじゃないだろうか。
まずキャラがあって物語がある、てのがとくに際立ってる物語。

 

生と死のキョウカイ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

生と死のキョウカイ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

『生と死のキョウカイ』小倉孝俊 1~2巻

人間を蘇生するのが当たり前の世界に、疑問が一石投じられる話。

 

うーんとこっちはテーマ(物語)があってキャラがある、て感じなので、
私がうにゃうにゃ思ったこと考えたこと言うより、この台詞を抜いて置いときます。

 

「神? キミの言う神って? キミの神は キミの中だけの存在でしょ? それって神の名を借りた キミ自身の願望そのものさ」

 

ぜひじっくり読んで欲しい。最近こういうRPG風の話多いねえー!

後書きも本編な物語。

 


はい。そんな感じでおしまい!