SWEETS NOVEL

二次創作(小説)するタイプのオタクがあれこれつぶやくブログ。

たのしいムーミン一家(2019年新版)読んだぞメモ

脳がメチャのクチャになっていたりイベント前でバタバタしていたので、
読んだあと書いといたメモを整理しておくのを忘れてました…。

こちらと、講談社文庫と比較してみて気がついたことのメモです。
ほぼスナフキン(推し)について。

 

前巻についてはこちら。

ムーミン谷の彗星(2019年新版)読んだぞメモ - SWEETS NOVEL

 

 

これは彗星の一年後くらいの話で良いのかな?
スナフキンムーミン谷(というかムーミンにだな)馴染んでるな~!

と再読して感動しました。

 

今回は印象に残ったシーンごとに分ける、という形式書いてみます。

 

◆スナムミが帽子をどうくつに隠しにいくシーン
「ぼくがパパにもママにも話せないひみつを~」の手前のところ、

地の文が二人の会話に変わってたところすっごく良い…。
二人とも本当にスニフのことよく分かってるし、
三人は毎日のように仲良く遊んでるんだな~ってことが伝わってきて嬉しい。

 

ところで内容的にはムーミン一家+αって感じだけど、
タイトルが『たのしいムーミン一家』のせいか、
スナフキンとかスニフとかもう兄弟っしょ!みたいな目で見てしまう…。
スナフキンこの時一緒に冬眠するし…。

でもこないだ発売してたムーミン家族のLINEスタンプだと、
スニフとスナフキン…いないんだよな…。
(ミイとクリップダッスはいた)

 

◆船の名前を「まちぶせする狼」って提案するシーン
えっ ここスナフキンさん前にこにこして言ってたのに、
照れながらおっしゃっているが!!!?
「にこにこしながらいいました。」
からの、
「さあ、どうだかねえ」
だと、でしょ~ドヤ顔~みたいなイメージあった…。
「いやあ、それほどでも」
からの、
「ちょっと照れながらいった」だとフツーに褒められて嬉しい子くん(お可愛い)に見えます。

もしかして私の推しはお可愛いんですか?お可愛いです。

 

◆崖の上に行くシーン
台風来るって言ってんのに「ちょっと川の様子見てくる」みたいに、
海を見に行くシーン。やめろ。

これ一番大きな違いだと思うんですけど、
今回の新版ではスナフキンが飛行おにを目撃していました。

 

ここ前の翻訳だとスナフキンはひとりで興奮して、
雷に乗って(なんで?)ヒャッハーする妄想にふける(なんで??)んですが、
それがなくなってた。

 

で、皆をこれ以上不安がらせないために、見たことは黙っておくスナフキン
これがスナフキンの優しさの形なんだなと思いました。
スナフキンさんそういうとこあるよね。

 

私はこういうときこそっとでも良いから言っといて欲しい派なんですけど、
(言っておいてもらえると、もし不測の事態が起きた場合の対策が練られるから)
ムーミンたちはどうなんでしょう。
ムーミンは言って欲しそうだな………。

 

◆どうくつで皆に怖い話をするシーン
ここで飛行おにを見たことをやっと皆に言うスナフキン
なんで言わなかったの~と聞かれて、
「ぼくはひみつが好きでね」
て答えるスナフキン
「みんなを不安がらせないためだった」とは言わない。

えっさすがにそこは素直に言えば!?!?かわいくねえ
お可愛いスナフキンさんそういうとこあるよね。


それかこの台詞のまんま、フツーに自分の中で大事にしときたいレア度SSのひみつだったのかもしれない。

か、「説明めんどくせっ」て思ったのかもしれない。

 

あと話の途中いきなり一人でバナナの皮剥き出すシーン、
今回の新版では自重されていました。
あれホントなんだったんだろう。
スナフキンさんそういうとこあるよね。

 

◆その他
5章の冒頭「六月の末」が「七月の末」に。

あとモランが標準語になってた~。

 

スナフキンが旅立つシーン
これは比較して気がついたことじゃなくて再読して気がついたことなんだけども、
ムーミンって夏の終わりの時期がいちばん好きなんですね。


高橋静夫さんが「ムーミントロールは八月の終わりごろゆううつとなり……」、
と解説されていて、私もそのイメージが強かったので、これはちょっと意外だった。


もしかしたらここがきっかけで、
ムーミンの中で夏の終わりは「いちばん好き」じゃなくなったのかなあ。

 

まだ「いちばん好き」なのかもしれないけど、
その好きの形はスナフキンと出会う前と後だと微妙に違うと思う。

 

こんなところでしょうか。

あ~~~読めて幸せ!ありがとうございます…。

メモ忘れありそうなのでもっかい読んでこよう。


次巻はパパの思い出ですね!二日後とかマジで?ドキドキするな…。